2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.08 (Wed)

本物の煉瓦積みの家【続編】

あーすホーム「本物の煉瓦積みの家」



ついに登場です!
塗り壁の力作エピソードです。

下の写真は、ピンク色の塗り壁に囲まれた、リラックストイレです。

ご夫婦で仲良く内壁全体を塗っている最中。ある日の ご主人の一言 で夫婦喧嘩に!!

少し不機嫌なご様子で「塗り方下手だね。」 と奥様に言ってしまわれ。奥様は、頭にきてしまわれ、、一時は、冷戦状態だったそうです。
奥様は、半分八つ当たりのように壁に団子状態に塗られたそうです。
小泉家どうなることやら

blogkoizuminurikabe.jpg
それが、なんと、芸術的な塗り壁に!!

私が今まで見てきた塗り壁の中で、初めて見る模様に描かれていました。
トイレ室の照明とのコントラストが素晴らしく。とても芸術的な作品に出来上り♪

その後は、ご主人にほめられて夫婦仲は、元に戻られたそうです。

まさに、災いを転じて福となす。。という表現で良いのでしょうか?

まだまだ続きます。
小泉家お宅拝見、お楽しみに♪
スポンサーサイト

テーマ : 建築 ジャンル : 学問・文化・芸術

13:46  |  「本物の煉瓦積みの家」お宅拝見  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.09 (Mon)

続編(塗り壁)5/25  東京都練馬区の「煉瓦の家」お引き渡しに行ってきました。

5月6日(金)

あーすホーム 


東京都初!の「本物の煉瓦積みの家」。いよいよ完成!


延べ床面積 125.87㎡(38.07坪) 
施工床面積(バルコニー, ロフト等含む)150.63㎡(45.47坪)
P5060212_blogTOKIO.jpg

東京都練馬区の住宅街に、私どもあーすホームは、「本物の煉瓦積みの家を施工させていただきました。

お施主様の小泉さまご夫妻は、とても気さくで元気な方で、出会ってから私に沢山のパワーを分けていただき今に至ってます。
P5060215_blogtokyo.jpg

小泉さまは、建物に対する情熱をとても強くもっていらっしゃる方です。
3年間「本物の煉瓦積みの家」を探し彷徨い私どもに出会ったとお聞きして、小泉さまにお会い出来たこと、そして夢のマイホームのお手伝いが出来たこと本当に嬉しく思っています!

建物をご紹介いたします。

ガレージ付きで煉瓦の色とマッチしてますね。
P5060214_blogGRE.jpg


玄関ホールは、お洒落なクリスタル照明とニッチカウンターでお出迎え
入った瞬間、檜や木の香りがして

小泉さんの建物は、檜や、杉材など主に国産材を使用していますので、ヒノキチオールたっぷり!の、森林浴気分です。

P5060138_blogNiche.jpg

内壁は、長野県で有名な根羽杉の腰壁に全面珪藻土(テラ・デコール)の塗り壁。ご夫婦仲良く!?塗られて力作ができました。
後ほど、その成果が現れている箇所をご紹介いたします。お楽しみに♪

見所満載ですが、今日はこの辺ですみません。
小泉家のお宅拝見まだまだ続きます。是非楽しみにしていて下さいませ。



お待たせいたしました。

玄関ホールから次は、リビングです。その向こうにはご主人こだわりのビルトインガレージが見えてきました。
リビングから、趣味のバイクや、愛車をいつも眺められるように、奥様にやきもち焼かれないように。。。
リビングからの開口は、程良いスペースを取りました。

blogkoizumidaikoku.jpg

そして、少し手前に大黒柱が!樹齢100年以上の木曽東濃檜、直径尺角(約30㎝)でしかも通し柱で、とても迫力がありますね。

その柱は、昨年(9月18日)の「我が家の大黒柱と出会う旅」で小泉さんが選んだ、お気に入りの大黒柱です。
私もご一緒させていただいて、とても楽しく、リフレッシュすることができました。


大黒柱ツアーの様子。
bulogdaikokutua-.jpg

木曽川バックに記念撮影。
まるで新婚さんのように仲むつまじく。いいですね~♪。



blogkoizumidaikokusyugo.jpg
岐阜県森林組合の川辺所長様より、森林の管理や東濃檜の歴史等詳しくご説明していただきました。

日本の山の管理や、樹木が、地球温暖化の対策に繫がっていて、いかに大きな役割を持っているかを痛切に感じました。樹齢100年以上の管理をこれから継承されていくように、私たちに課題を与えられていることに気づかされる日でもありました。



bulogdaikokutua-hinoki.jpg




bulogdaikokutua2.jpg
ご夫婦の意見が一致!この檜(尺角用)に決めました。

koizumisannto_20110513232400.jpg
小泉さんは、この檜に「運命的な出会い」を感じた!とおっしゃられておりました。
私も、多くの檜の中でこの檜が、一際目立って見える何か魅力を感じました。




テーマ : 建築 ジャンル : 学問・文化・芸術

19:05  |  「本物の煉瓦積みの家」お宅拝見  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。